産毛とは、細い柔らかい毛のことをいいます。ホコリや風から肌を守る働きをしていますが、気をつけて処理をすれば問題の無い毛ともされています。

産毛があると、肌がくすんだようにみえる、肌が光の反射がしにくい、毛穴が大きく見えてしまう、化粧のノリが悪くなるなどのデメリットがあるのです。

産毛を脱毛することのメリット

それを脱毛することによって、顔色がよく見えるようになり、肌が美しく見え、毛穴が小さくなって行き、メイクが皮膚にしっかりと密着してメイク崩れし難くなるなどのメリットがあるのです。

産毛をケアすることによって、毛穴が目立ちにくくなり、ニキビができにくくなるなどの効果も期待することができるようになります。正しい方法で行うことによって、美しい肌を手に入れることができるのです。

産毛は普通の毛よりも施術の回数がかかる

このような産毛は、おすすめの産毛脱毛サロンや医療機関などのレーザーや光脱毛、針を使った脱毛方法で処理することができます。しかし、基礎知識として産毛は普通の毛よりも回数がかかることを覚えておく必要があります。

黒く太い毛は、簡単に処理することができますが、細い毛や色素の薄い毛はある程度高めの熱量で処理しなければならず、毛周期が一本一本異なるため太い毛を処理するよりも回数がかかるなどの手間がかかります。

脱毛の前後は飲酒をしないことが大切

飲酒によって肌が敏感になってしまうので脱毛前は控えましょう

エステサロンや美容クリニックで脱毛するときは、飲酒を控えなければなりません。カウンセリング時にスタッフが説明してくれるでしょうが、この注意を守らないと、あとで後悔することになるので気を付けましょう。

脱毛前に飲酒を行うと、血行が良くなるので肌が敏感になり、痛みを感じやすくなります。肌がほてった状態にもなっているので、そんなときにマシンの光やレーザーを照射されると、余計に熱がこもって痛くなったり、かゆくてたまらなくなることもあります。

かゆいからといって掻き毟ると、皮膚が傷つくので我慢しなければなりませんが、お酒さえ飲まなければ、こんな嫌な思いをしなくてもよくなります。施術を受ける前のおよそ24時間は、アルコールを体に入れないようにしてください。

脱毛の後にお酒を飲むとかゆくなってしまう可能性があります

施術が終わった後は、マシンの光やレーザーを照射された部分に赤みが出ているので、その状態でアルコールが入ると、なかなか治まらなくなります。

皮膚に熱がこもった状態が長く続きますし、かゆみも感じるので、掻きたくてたまらなくなるでしょう。お酒が入ると理性が失われやすくなるので、ダメだと思いつつ、掻く方も少なくありません。

気付いたときには肌がボロボロになっている可能性があるので、脱毛後の飲酒も控えるようにしてください。

脱毛2日後なら飲んでも安全でしょう

施術が終わり、およそ2日も経てば皮膚の赤みも治まり、熱も感じなくなるので、お酒を飲みたいときはそれまで我慢するようにしてください。

もし皮膚の赤みや熱が治まっていないのに、ついうっかり飲んでしまったときは、冷たいタオルなどで冷やすようにしましょう。

ミュゼは店舗が多く通いやすいのでおすすめ

脱毛のお手入れは、1回お手入れを受ければそれで終了というわけではありません。

毛が生え変わる毛周期のうちの成長期にタイミングを合わせ、ケアを繰り返していくうちに、だんだんと毛が細く抜けやすくなり、やがて生えてこなくなります。

ミュゼの脱毛方法は肌と痛みへの負担が少ないので安心

家庭用脱毛器などを用いて自分でお手入れをすると、毛周期が分かりづらいだけでなく、きっちりすべての毛根にアプローチできず、ムラができてしまうかもしれません。

やはり、ミュゼのような脱毛専門のサロンでプロによるお手入れをきっちり受けるのがおすすめです。

ミュゼでは、制毛成分が含まれたジェルを塗布し、その上から体に害がない光を照射して成分を毛根に浸透させ、毛が生えるのを抑制させる方法で脱毛ケアが行われています。

皮膚へ負担が少なく、痛みがほとんどないのが特長で、全身のあらゆる部位のお手入れに適しています。

自宅や職場から通いやすい店舗を探そう

複数の毛根を同時にケアできて施術がスピーディーなので忙しい人も安心。前述のとおり、脱毛完了までには、10回ほどサロンに通い続ける必要があります。

どんなにお手入れが快適で効果的でも、自宅や職場から交通のアクセスが悪い場所に店舗が位置していては、通うのが面倒になって、最後までお手入れが続けられないこともあるので、店舗を慎重に選んでから脱毛の契約を結ぶことにしましょう。

全国にチェーン展開するミュゼは店舗数が豊富で、いずれも駅やショッピングセンターなどから近く通いやすいのでおすすめです。