産毛とは、通常の無駄毛に比べて色が薄く、太さも細いものを指しています。

特に顔や腕といった部位が気になるでしょう。フラッシュ脱毛やレーザー脱毛は、肌色と毛の色との色差に光が反応することを利用していますので、産毛への施術は難しいとされていました。

光脱毛で毛に変化が起こることがある・・・?

しかし今では、それに対しても有効に働きかける機械なども出ていますし、ある程度施術者の経験値で対応できることもあります。しかしデメリットもあります。

針脱毛ではかんがえられないことですが、光を使った方法で産毛に施術を行うと、ごく稀に硬毛化を起こしてしまうことがあります。柔らかく薄い毛だったものが、太くかたい毛になってしまう現象です。

この原因ははっきりとはわかっていません。

硬毛化は解決できる

ただし、出力の小さな光で施術を続けているうちに、このような硬毛化が現れることが多いということだけはわかっています。

出力をグッと上げて施術を行うことで解決はしますが、無駄下を少なくするつもりだったのに、かえって太く硬くなってしまっては、気持ちの上でのストレスや不安は大変なものでしょう。

もしその兆候が現れたならば、施術者にそれを伝えましょう。そこで大きな出力でも対応できる施設であればそのまま行うことが可能ですが、場合によっては安全性を重視して、他の医療機関などに移らなければならない可能性もあります。

産毛は剃るのと脱毛では、どちらにメリットが

産毛は細く、色も薄い毛を指しています。そのため念入りに剃らなくても、ちょっと剃刀を当てるだけで、すぐに目立たなくなります。

そのため脇毛といったしっかりした毛に比べ「わざわざ脱毛までしなくてもいい」と考えている人も少なくありません。しかし剃るといった行為は、大変肌にストレスを与えてしまうものです。

頻繁に剃ることで肌荒れを引き起こす原因に

目に見えないような細かい傷を付けてしまっていることもありますし、それに対するアフターケアを万全に行っていなければ、色素沈着や毛のう炎、埋もれ毛などになってしまうこともあります。

また剃ってもすぐに生えてしまいますので、それだけ頻繁に肌を傷つけていれば、肌荒れは避けられません。産毛程度であっても、剃刀を肌に当てることには変わりがないのです。

剃ると毛はさらに太くなろうとする

また以前は「毛を剃ることで濃くなることはない。切り口などによる目の錯覚だ」と専門家も言っていましたが、それについてのとある大学の研究発表もあります。

ラットを使った実験データでは、剃ることによって毛はストレスを感じ、さらに太くなろうとするということが明らかなものでした。

剃徐々に太さは戻ってゆきますが、やはり太くはなっていたと考える方がよいでしょう。脱毛は先々処理が激減しますので、肌にもストレスを与えることがなくなります。

 

自己処理にリスクがあることをお分かりいただけたと思います。これから産毛脱毛をするなら当サイトを参考にしてみてください。

産毛脱毛で美肌になれる!おすすめサロン一覧を参考にする

妊娠中の脱毛は可能か

妊娠中であっても、全身の肌のお手入れは続けて行いたいと思う人が多いのが事実です。しかし、妊娠中に脱毛を受けることは可能なのでしょうか。

結論から述べると、サロンでもクリニックでも施術を断られる、もしくは一時的に中断することがほとんどです。施術自体は、母体や胎児に影響を及ぼすことはありません。

しかし、妊娠中はホルモンバランスが変化するため、従来よりも肌が敏感になりやすく、施術によって痛みを感じやすかったり、肌が荒れるなどのトラブルが起こりやすくなります。

そうすると、せっかく施術を受けたにも関わらず脱毛の効果が不十分になることもあり、1回分の施術がむだになってしまいます。

施術を受けるのも負担になってしまうので一時的に中断となるところがほとんど

また、施術を行うにあたっては、部位にもよりますが、仰向けになったりうつ伏せになったりと体勢を変えながら行うことが多いです。

そのようなとき、大きくなり始めたお腹でうつ伏せになることはできませんし、頻繁に体勢を変えること自体が大変になってしまいます。お腹に負担をかけないためにも、妊娠中は脱毛を控えた方が安心できます。

どのサロンやクリニックでも、施術を一時的に中断させられるシステムを採っているところがほとんどです。また、少し期間を空けたからと言って、脱毛の効果が無くなるわけでもありません。

そのため、しばらくの間通うことができないからといって心配する必要はありません。産後に体の状態が安定し、生理が再開されるようになったタイミングで、通っているサロンやクリニックに施術が再開できるかどうかを確認してみましょう。

ミュゼは肌への負担を最小限に抑えたやり方

ムダ毛の自己処理を長期間続けてきた人は乾燥肌や敏感肌等の肌荒れの症状に悩んでいる人が多いです。市販のケア用品の使用が欠かせない人もいて、その購入費用が高額になってしまう人もいます。

ムダ毛の問題は脱毛サロンでの処理が最適な解決方法ですが、肌への負担を考えて、利用する事を躊躇してしまう人も多いです。数多くのサロンが営業していて、脱毛処理が完了するまでの一連の流れには違いがあります。

ミュゼで安心して脱毛施術を続けることができる理由とは

各サロンのやり方によっては肌への十分な配慮がなされないまま処理を終えてしまうサロンも存在します。しかしミュゼのS.S.C.方式による脱毛処理は肌の事を第一に考えて施術を進めていきます。

まずは美容成分がたっぷり含まれた美容液を塗り、その上から光を照射します。ニードルやレーザーを使用した脱毛方法の様に痛みを感じる事はないので、安心して施術を受ける事ができます。

処理が済んだらオリジナルのプラセンタエキス配合のミルクローションで丁寧にケアしていきます。脱毛期間中は肌の水分が失われがちですが、潤いある肌をキープし続ける事ができます。

サロンのカウンセリングや口コミを参考に不安を解消しましょう

施術を受ける度に上記の作業をくり返します。このやり方なら脱毛処理するごとに美肌に近づいていくのを実感する事ができます。自分の肌の状態や毛質等について不安や疑問がある人は、まず無料のカウンセリングを受けてみる事が必要です。

ミュゼでは個々に応じた適切なコースを提案してくれます。そして口コミサイトを利用すれば、ミュゼを利用した事のある人の体験談や感想を知る事ができるので、利用する上で参考になります。